優秀74種のこころABCDデータを搭載

スポンサーリンク

ドラクエウォークこころExcelシミュレーション「こころマクロ」に、いつも機能改善の提案をして下さるでーびーさんより、衝撃のデータが届きました。めったに、あまり、メガモン、ほこら、メタルのそれぞれ優秀なこころなんと74種のSABCDデータです。

これは無理な話ですが、S以外も選択できれば最強ですね(Bだけは持ってるとか)。しかしデーターベース提供のハードルがある事は十分理解しつつ、夢機能として書き残します。

でーびー

とのコメントから生まれた「Myこころ」、持っているこころデータを入力さえすれば、Sと入れ替えることや、Sと同時にシミュレーションすることも可能な機能ですが、いただいたデータを最大限に活用してもらえるよう「ABCD」シートを新設追加、有難く格納させていただきました。ここから「Myこころ」シートに行コピペし、サインを立てればそのまま使えます!

「ABCD」シートにずらりと並ぶこころデータ、そのままMyこころとして使えます

このようにデータ化されてシミュレーションにそのまま使えるところを見て思うのは、やはり、元データ形式のすばらしさ、ダメージアップや耐性等のステータスの持ち方です。アプリ内の理にかなっていて、プログラム処理しやすいんですよね。下でご紹介している「習得スキル」や「発動効果」の追加表示も、このフォーマットだから簡単に実装できたわけです。改めて、元データを公開されているドラクエウォークView、すごいなあと思いました。

さて、いくつか機能追加をしていますので、そのご紹介も。
まず結果シートに「習得スキル」と「発動効果」を追加表示しました。マホトーン使えるんだっけとか、MP回復あった方がいいかな、など、付随効果をこころセット単位に表示します。文字列を見えないくらい縮小表示していますが、セルを選択するとしっかりと表示されます。これをシェイプで表示すべきか悩んだのですが、Excelワークシートがどんな状態(右にほとんど余白ない状態でも)でも、セルを選択した際の全文表示を実現するために一番効率の良い方法と思いついたのがセルの編集状態です。選択時に編集状態となるよう少しテクニカルなイベント処理を入れており、このあたりは別投稿でコードも解説したいところ。ちなみに新調した4Kディスプレイのノートブックだと、縮小表示の文字もなんとなく読み取れて、4Kにしてよかったなあと心から思えました(笑)

次に、武器スキル選択時の詳細画面の追加です。選択するタイミングで武器の属性とダメージアップ率や消費MPを確認したいときにお役立ち、こちらもセルの選択時に右横にオートシェイプで自動表示し、そのままスキル選択できるよう「決定する」ボタンも付けました。従来のスキルセルのダブルクリックによる選択も使えます。

詳細が表示されたところ。この文字数で収まらない武器が登場したらレイアウト変更せねば・・・。

最後に、Topシートのレイアウト変更です。選択した武器とスキルを表示するようにしました。また、武器と職業さえ選択すれば計算できることが分かるようにとの思いを込め、項目名の色も変えています。スッキリわかりやすくなった!かな?

スキル選択をクリックしてもらえるよう、青色アンダーラインのリンクにしてみた

もともと、種類と威力を入力する仕組みでスタートし、存在しない武器(例えば、現時点でデイン体技武器とか)もシミュレーションできたらよいなと考えていて、結果的に武器スキルから選択する機能を追加してリリースに至ったのですが、私自身もスキル選択しか使わない、属性や威力を入力することはないことが改めて分かり、入力機能は残しつつ、表示するのがメインということでクリーム色の背景色にしてみた次第です。

あ、先日作成した、使用マニュアルページも修正しなければ・・・。

コメント

タイトルとURLをコピーしました